潤静の全成分は安全で効果的なものなの?

潤静の全成分をご紹介!

潤静を赤ちゃんに使う人や、今まで肌が敏感肌だから化粧水にはとても苦労している人なら、潤静の全成分をしっかりとチェックしたいですよね。潤静の全成分が分かると、自分に合わない成分がある場合は購入前にやめることが出来ます。

 

潤静については、全成分がちゃんと公式サイトに乗っています。全成分を公式サイトに載せるということは、それだけ全成分に自身があるということですよね。ここでは、潤静の全成分をご紹介いたします!

 

潤静の全成分をご紹介!

では、早速公式サイトに載せてある全成分をご紹介いたします。

 

・水( 潤静のベースとなります)
・BG(合成保湿成分)
・キハダ樹皮エキス(植物由来の肌荒れ防止エキス)
・グルタミン(発酵した保湿成分)
・デシルグルコシド(植物由来の肌の保護成分)
・フェネチルアルコール(植物由来の肌の保護成分)
・ムラサキゴジアオイ花・葉・茎エキス(植物由来のはだの保湿成分)
・アマチャヅル葉・茎エキス(植物由来のはだの保湿成分)
・グリチルリチン酸2K(カンゾウ由来の肌を整える成分)
・アラントイン(合成された肌を整える成分)
・サンショウ果実エキス(植物由来の保存料)
・プルサチラコレアナエキス(植物由来の保存料)
・スイカズラ花エキス(植物由来の保存料)
・グレープフルーツ果実エキス(植物由来の保存料)
・フムスエキス(フルボ酸)(海洋性由来の保湿成分)
・水添レシチン(植物由来の乳化エキス)

・ダイズステロール(フィトステロールズ)(植物由来の乳化エキス)
・グリセリン(植物由来のはだの保湿成分)
・セラミド2(合成成分の細胞間の脂質を整える成分)
・セラミド3(植物由来の細胞間の脂質を整える成分)
・セラミド6U(合成成分の細胞間の脂質を整える成分)
・ポリグルタミン酸(納豆菌由来の保湿成分)
・ユズ果実エキス(植物由来の肌の保湿成分)
・プラセンタエキス(豚由来の肌を整えるエキス)
・黒砂糖(植物由来の肌を自ら保湿する成分)
・酵母発酵エキス(酵母由来の保湿成分)
・クエン酸Na(勇気植物由来のPH調整分)
・ソメイヨシノ葉エキス(植物由来の肌を整えるエキス)
・オウゴン根エキス(植物由来の肌を整えるエキス)
・ダイズ種子エキス(植物由来の肌を整えるエキス)
・アロエベラ葉エキス(植物由来の肌を整えるエキス)
・ドクダミエキス(植物由来の肌を整えるエキス)

・クズ根エキス(植物由来の肌を整えるエキス)
・クロレラエキス(植物由来の肌を整えるエキス)
・キサンタンガム(階層由来の粘着成分)

 

 

以上が全成分になります。肌に優しそうな植物由来成分が沢山配合されていることが分かりますね!

潤静の全成分に関するまとめ

ここでは、潤静の全成分をご紹介いたしました。これだけ沢山の成分が入っていると本当に肌に優しいのか不安になる人もいますが、全成分をよく見ると、植物由来成分が多いことに気がつきますよね。

 

それだけ潤静は肌に優しく出来ているということです。また、潤静は無添加なので安心して使うことが出来ますよ。

 

>>潤静の最安値はコチラ